原さんの印鑑

苗字 1 原

◇◇ 一文字苗字 3位 ◇◇

「原」さん という苗字とそれにまつわる話題をどうぞ。

日本で多い苗字のランキングで見ると、
「原」さんは何位でしょうか?

「原」さんは全国ランキングでは116位ですが、

一文字の苗字の中では、3位 となっています。

日本人の苗字のランキングで、
1位は佐藤さん、2位は鈴木さん 3位は高橋さん・・・ と毎年話題に上りますね。

漢字一文字の姓のトップ3は
1位「林」さん
2位「森」さん
3位「」さん   です。

ちなみに 漢字三文字の姓では
1位「佐々木」さん
2位「長谷川」さん
3位「五十嵐さん」、   となっています。

◎原さんの苗字の由来や歴史は?

地形・地名由来

「はら」の語源としては、そのまま「平らにひらけた広い部分」 を指すようです。

はらっぱ

はら

土地ならば「(ハラ)」、体の部分なら「腹(ハラ)」と、同じ読みをすることから言葉の成り立ちとして近いものがあるのでしょう。

「林」や「森」と同様、地形・地名由来の苗字で、それ故に全国的に多い苗字となっています。

日本各地にルーツが

その発祥は多様です。

古代氏族では、
・物部氏一族の造(はらのみやつこ)を氏族とするもの。
・倭漢氏族の首(はらのおびと)は摂津国島上郡(今の大阪府高槻市)をルーツとし、百済からの渡来系。
・泰氏族の秦公(はたのはらのきみ)を祖とするもの。
・・・などが有名です。

武士の時代になると、
・下総国香取郡郷(今の千葉県香取郡多古町 )をルーツとする桓武平氏千葉氏流。
・駿河群村(今の静岡県沼津市)を発祥とする 藤原南家工藤氏流。
・美濃国恵那郡遠山荘郷(今の岐阜県恵那市山岡町)がルーツの清和源氏土岐氏流。
・清和源氏満政流の
・・・・・といった諸派の氏が台頭しました。

虎胤(はらとらたね)は武田信玄に仕え、 「甲陽の五名臣」と呼ばれた勇将の一人です。
美濃守であったことから「鬼美濃」と称されたといわれています。
家紋は千葉氏ゆかりの十曜と武田氏から賜った菱紋でした。

◎分布

東京 神奈川 埼玉 愛知 大阪 福岡 静岡 兵庫 など人口が多い大都市圏で多く、それ以外では、長野県 岐阜県 島根県で分布しています。
長野県では件数が多く、島根県(特に安来市から松江市に付近)では人口密度が高い、というデータが出ています。

東北、北陸では少なく、県別ランキングではほぼランク外となっています。

harasan

大都市圏に多く、北は少ない。

 

◎原さん よもやま話

はるばる?

」さんは一般的に「はら」と読みますが、九州や沖縄では、一部地域で「ばる」や「はる」と読むそうです。

はるばる

(ばる)」さん、「原田(はるだ)」さん、などが例として挙げられます。

元宮崎県知事の東国原さんも「ひがしこくばる」と読みますね。

また、西郷隆盛が官軍と戦った西南戦争において 激戦が繰り広げられたと言われる田原坂(たばるざか)という熊本市の地名もあります。。
「田原坂・吉次峠の戦い」ですね。

◎「原」さんの有名人・著名人にはどんな人がいらっしゃるでしょうか。

例えば。。。。。

・原 敬  (  政治家  内閣総理大臣(第19代)、『原敬日記』(はらけいにっき))
・原 節子 (  女優 『わが青春に悔なし』、『青い山脈』、『めし』、『東京物語』)
・原 由子  (  ミュージシャン  サザンオールスターズのメンバー はらぼう)
・原 辰徳    ( 野球選手  「(平成の)若大将」、「ヤング・ミスター」 讀賣ジャイアンツ 監督)
・原哲夫   (漫画家 「北斗の拳」「花の慶次」)
・原 吉彦   (グルメリポーター彦麻呂の本名。「宝箱やぁ~~!」)
・原信太郎   (鉄道模型収集家 「原鉄道模型博物館」)
・原 江里菜  ( 女子プロゴルファー)

・・・といった原さん達がいらっしゃいます。

◎原さん の 天格は?

印鑑を作るときに気になるのが、姓名判断・画数判断。
苗字の画数からどんなことが分るのでしょうか?

牛角白

上品でつややかな牛角白(うしのつのしろ)の印鑑

 

姓名判断の「天格」とは、姓(苗字)の画数合計です。
祖先代々と家族全体の運勢をあらわし、 個人的な吉凶には関係ないとされています。

hara ten

「原 節子さん」の姓名判断をみてみましょう。

姓名判断では、旧字体により判断します。(明快姓名判断 より)

  • 総運(総合運)28×:波乱に満ちた遭難運で事故や災難・死別など。
  • 人運(性格)25○:話すことが好きで社交的です。
  • 地運(恋愛運)18◎:愛情表現が苦手で自分の気持ちを上手く伝えられません。
  • 外運(職業運)4×:ものごとにじっくり取り組む仕事が向いています。医師、看護士、裁判官、図書館司書など。
  • 天運 11◎

「原 辰徳さん」の姓名判断をみてみましょう。

姓名判断では、旧字体により判断します。(明快姓名判断 より)

  • 総運(総合運)33○:非常に強い勢いを持つ天下取りの数です。
  • 人運(性格)17○:へそ曲がりで粘り強く強引です。
  • 地運(恋愛運)23○:恋を大らかに楽しむ恋多き人です。
  • 外運(職業運)17○:個性を発揮できる芸術・芸能系。カメラマン、作曲家、ダンサー、俳優など。
  • 天運 11◎

印鑑に刻むのはあなたの名と思い

画数が良い人も。あまり良くない人も。ビックリするくらい良くない人も。

自分の名前は変えられません。
けれど自分の気持ちは変えることができます。

「印鑑」は、己の名を彫り込む言わば分身のようなものです。

画数を調整し、接点を整え、八方位から自分の求める運気を選んで印鑑に彫り込むことで、よい画数に導くことができます。

八方位図

姓名判断・画数についてはこちらをご覧下さい。 http://www.kaiunya.jp/unchiku/

良い印鑑を持つことで、自分の名前の運命に自信を持ち前向きな気持ちで人生に臨める。 そう考えれば、画数も運命も自らの手で克服できそうですよね。

五格分類法印面

印鑑用の字体印篆(いんてん)から画数・運気を取り込みながら八方に広がるよう字入れする開運書体・「印相体(吉相体)」にてお作りいたします。

※実際の印鑑の配字(文字の入れ方)についてはこちらをご覧下さい。http://www.kaiunya.jp/unchiku/jitai.htm

印鑑 はあなた自身を証明する証(あかし)

一文字苗字のさんなればこそ、字体にこだわってオリジナルの印鑑をあつらえてみてはいかがでしょう。

大切な印鑑を、大量生産の同じ型の三文判で済ませるのは、 防犯の上でもおすすめできることではありません。

印鑑は人生の節目や岐路において重要な役割を果たす大切なパートナーです。

印鑑作成の際は、確かな素材と技術で作られた自分のための印鑑をお勧めします。

姓名判断や生まれ年から導いた開運の字体で、 あなただけの唯一の印鑑を作ってみませんか?

 

開運印鑑 実印・銀行印 本柘植

実印・銀行印 薩摩本柘植(さつまほんつげ)

 

 

 

創業123年の小林大伸堂、この道32年の彫刻士小林 照明
=小林大伸堂について=

開運印鑑の小林大伸堂は、本店創業123年。大正13年、初代小林小三郎が越前市粟田部町佐山にて印章店を引き継ぎ、その後、祖父の2代目、父3代目と引き継ぎ、福のいるまち 福井県鯖江市に4代目小林照明が実店舗を構える。

 
=彫刻士よりごあいさつ=

当店のすべての印鑑は、この道32年の印章彫刻士小林照明が一刀入魂、画数と生年月日から手仕上げにて、縁起の良い開運印鑑に福運を込めてお彫りいたします。 現在は5代目小林大伸堂の小林稔明が跡を継ぐべく彫刻の修行を行い、毎日精進いたしております。

  開運印鑑    

【 印鑑の配字(名前の文字の配置)について 】

男性用印鑑は

  • 実印はフルネームたて書き
  • 銀行印は苗字よこ書き
  • 認印は苗字たて書きが
  • それぞれおすすめです。

      

    男性用配字  

    女性用印鑑は

    • 実印は下のお名前の横書き もしくはフルネームたて書き
    • 銀行印は下のお名前をよこ書き
    • 認印は苗字のたて書きを

    それぞれおすすめいたします。

    女性用配字  

    【 印鑑のサイズについて 】

    印鑑のサイズは男性と女性で適正サイズが違います。
    • 実印なら男性は15ミリ以上、女性は13.5ミリ以上。
    • 銀行印なら男性13.5ミリ以上、女性は12ミリ以上。
    • 認印なら男性12ミリ以上、女性は10.5ミリ以上。
    それぞれ男女の性差や目的に応じて適した大きさをおすすめいたします。

      

     

    【 付属品について 】

    小林大伸堂でお作りするご印鑑には、専用の印章ケース・保管用の桐箱・鑑定書・ご印鑑保証書をお付けします。

    set
     

    【 安心の10年間保証 】

     

    当店の開運印鑑はすべて信頼の10年間保証です。印鑑を送る際に、開運印鑑鑑定書をお付けしております。印鑑の破損がありましたら、すぐにご連絡ください。できるだけ迅速に対応致します。

【 小林大伸堂が作る印鑑の特徴 】

小林大伸堂の特徴は、

1)九星気学を用い牛角白・黒水牛・本柘植の中から適印材をご提案し、

2)成功運・金運・希望(再起)運・家族運・健康(蓄財)運交友(結婚)運・愛情(守護)運の八つの運気からそれぞれのご印鑑に3つまでご希望の運気を指定いただき、

3)姓名画数判断からお名前の画数が悪い場合はよい数字に、よい画数の場合にはさらに運気を込めて調整し、縁起のよい字体「八方篆書体」「印相・吉相体」にて大きく伸びますよう字入れし彫刻士小林照明が1本1本心と想いを込めて手彫り仕上げにてお彫りいたします。

ご印鑑はあなた自身の分身・証「あかし」として お誕生や進学・就職・成人・起業や金銭のお取引などとても大事な場面で使う機会が多くございます。 どうぞ末永く大切にお使いいただき、おしあわせが舞い込みますようお祈りいたします。 私たちは印鑑を通して、皆様におしあわせと笑顔をお届けいたします。

IP電話:050-3340-6000

通常電話:0778-51-0628

FAX番号:0778-53-1133

E-Mail:toiawase@kaiunya.jp

平日9:00~18:00

コメントは受け付けていません。